インデックス投資ブログ

NASDAQ100とS&P500を中心に、投資に関連することを書いています。

2024年のS&P500各社予想と大統領選挙関連のデータ

2024年のS&P500各社予想と、大統領選挙関連のデータについて書いていきます。

※ この記事は、今後のパフォーマンスを保証するものではありません。

目次

  1. S&P500の各社予想
  2. NASDAQ100について
  3. 大統領選挙とS&P500のパフォーマンス
  4. 2000年以降のパフォーマンス
  5. 感想

1. S&P500の各社予想

以下はBloombergの記事で、各社の予想が書かれています。

以下の会社は、S&P500が過去最高値を更新すると予想しているようです。

2024年末の数字は書かれていませんでしたが、株価見通しを楽観しているとのことです。

2. NASDAQ100について

S&P500が上昇する場合、NASDAQ100も上がる可能性が高いです。

2000年~2022年の年間収益率を見ると、S&P500がプラスの年はNASDAQ100もプラス、S&P500がマイナスの年はマイナスとなっています。

※ ドル建てのインデックス連動ETFの場合になります。年間収益率は、こちら にまとめています。

3. 大統領選挙とS&P500のパフォーマンス

2024年は米国大統領選挙の年です。そこで、アノマリーになりますが、選挙年のパフォーマンスについて調べてみました。

以下の資料(2020年)によると、「選挙年のS&P500のパフォーマンスは通常、その他の年のパフォーマンスと類似している」とのことです。

4. 2000年以降のパフォーマンス

2000年以降の場合、大統領選挙年の年間収益率は以下の通りです。

当選者 SPY QQQ
2020 バイデン氏 18.37% 48.62%
2016 トランプ氏 12.00% 7.10%
2012 オバマ 15.99% 18.12%
2008 オバマ -36.81% -41.73%
2004 ブッシュ氏 10.70% 10.53%
2000 ブッシュ氏 -9.73% -36.12%

SPYがS&P500連動ETF、QQQがNASDAQ100連動ETFです。

6年中4回(66.67%)がプラス、2回(33.33%)がマイナスとなっています。

2000年~2022年の23年だと、年間収益率がプラスの年は17回(73.91%)、マイナスの年は6回(26.09%)となっています。

5. 感想

2000年はITバブル崩壊の影響、2008年はリーマンショックでマイナスになったのかと考えています。大統領選挙の年だから安心というわけではなく、いつ何が起こるかは分からないところです。

運用会社さんは今後の業績予想や企業利益なども考慮して、S&P500が上昇すると判断しているのかと思います。ただ、2023年はマイナスを予想されている方も多かったので、予想は必ず当たるわけではないと思っています。

米国の政策金利やインフレも気になるところです。